一般的な葬儀の流れ

葬儀の流れ

火葬の注意事項

ご遺骨の破損、火葬時間の延長や火葬炉設備の損壊などの原因となる副葬品は柩の中へ入れないでください。

  1. ご遺骨の破損、変色の原因となるもの
    1. 金属製品:装飾品・携帯電話・時計・メガネ・義手・義足など
    2. ガラス製品:ビン・食器など
  2. 火葬時間の延長の原因となるもの
    1. 果物:スイカ・メロンなど
    2. 大量の紙類:辞書・書籍など
    3. 繊維製品:大量の衣類・大きなぬいぐるみなど
  3. 火葬炉設備の損傷の原因となるもの
    1. 爆発物:飲料缶・スプレー缶・ライター・電池など
    2. カーボン製品:杖・釣り竿・ゴルフクラブ・ラケットなど
  4. 大気汚染の発生の原因となるもの
    1. ビニール製品:鞄・靴・玩具など
    2. 石油化学製品:衣類・寝具・緩衝材・敷物・ゴルフボール・CDなど
  5. その他
    • ペースメーカーなどの医療機器は火葬中に爆発し、ご遺体と火葬炉設備を損傷する恐れがありますので、必ず事前に申し出てください。
    • 紙幣、貨幣、指輪などの貴金属については、焼失の際のトラブルの原因となりますので、絶対に入れないでください。
    • ドライアイスは火葬炉内の温度が上がり難くなるため、なるべく取り除いてください。
    • 故人様の愛用品(メガネなど)で納骨容器に収められる大きさのものは、柩に納めるのではなく、収骨の際にご遺骨と一緒に納骨容器に納めるようにお願いします。