1 臨終直後 2 死亡診断書と死亡届

3 死体(埋葬)火葬許可書

4 火葬場の予約
 葬儀 通夜・告別式)内容決定 6 通夜 7 葬儀式・告別式
8 出棺  9 火葬・収骨  10 馬込斎場内売店  
 


一般的な葬儀の流れ

葬儀は、宗教団体により葬送儀礼が異なります。
  宗派によっても葬送儀礼が異なりますので、信仰する宗教団体に確認してください。
 また、特定の宗教団体の葬送儀礼によらず、自由な形式で故人とお別れする葬儀も行われて
 います。



 1 臨終直後

 
 家族、親族、知人等へ死亡の連絡をします。
 
 ご遺体の安置場所を決め、遺体搬送車を手配します。
 

  ご遺体の安置場所としては個人のご自宅のほか、斎場や葬儀会社などで霊安室や保冷庫

 あります。
  ご遺体の搬送は遺族の方が自家用車で搬送されても法的に問題はありませんが、葬儀社な
 どの霊きゅう車・寝台車による搬送の方が搬送時の安全性からです。

 馬込斎場では霊安室が16室あります。詳しくは利用案内をご覧ください。


                                                     戻る

2 死亡診断書と死亡届

 医師から死亡診断書をもらいます

  家族などがお亡くなりになったときは、7日以内に故人の本籍地、届出人の住所地、
 死亡地 のいずれかの市区町村で受け取れます。「死亡届」を提出しなければなりません
 が、このとき、「死亡診断書」が必要となります。
 また、「死亡診断書」はご遺体を搬送する際に携行する必要があります。
  ご自宅でお亡くなりになった場合や事故・自死でお亡くなりになった場合、警察がご遺体
 を収容し検死(検視)を行うことがあります。
 この場合は「死亡診断書」に変えて「死体検案書」を警察から受け取り、死亡を提出しま
 す。

 ※馬込斎場では霊きゅう車によるご遺体の搬送を行っています。
  ご利用は午前8時45分から(斎場発)から午後5時(斎場着)までです。詳しくは
 利用内 容をご覧ください。

 
                                              戻る

 


3 死体(埋葬)火葬許可証

  死亡届と併せて際に死体(埋葬)火葬許可申請書を市区村役場に提出します。
 ご遺体を火葬するには火葬許可が必要となります。死亡届と併せて市区村役場に申請し、
 火葬許可証の交付を受けます


                                               戻る



4 火葬場の予約

  火葬場を予約します。

  火葬は、死亡(医師が死亡診断書に記載した時刻)から24時間を経過した後でなければ
 火葬できません。通夜・告別式を行う場合はその日程などを考
慮し、火葬日を決めて予約
 をします。

  火葬は、火葬施設でなければ行うことができないため、各市区町村が単独で、あるいは
 複数の市区町村が組合を設立し火葬場を設置しています。
 使用時間や使用
できる人、使用料について火葬場により異なりますので、確認して予約
 してく
ださい。
 ※馬込斎場には火葬炉を15設置しています。使用時間、使用者の範囲、使用料等につい
 て詳しくは利用案内及び料金案内をご覧ください。


 
                                                       戻る


5 葬儀(通夜・告別式)内容の決定

 喪主を決定します。
  喪主は、死亡者の配偶者など、身近な方がなるのが一般的です。
 葬儀社に依頼するのか、ご遺族で執り行なうかを決め、故人の意思や宗旨、参列者数や会場
 などを考慮し、葬儀の内容を決定します。

  
なお、故人の思想や信条などにより通夜・告別式を行わず火葬のみを行う場合もあります。
 ※馬込斎場では式場・控室の貸し出しを行っています。(通夜・告別式場の準備、
 御礼品等 の手配、葬儀進行等は行っていません。)詳しくは利用案内をご覧ください。

 ※生花、御礼品、通夜料理は馬込斎場内売店でも承っています。


                                                       戻る


6 通夜(宗教、宗派により異なります。)

 遺影、生花、供養品、会葬御礼品(香典のお返し品)、会葬礼状等を用意します。
 受付、会計、僧侶案内、棺守りなどの係を決めます。
 式場、受付、祭壇飾り、供花、通夜振る舞い会場などの設営を行い、ご遺体を納めた棺を
 安置します。

 通夜は以下の順で行われます。葬儀社を依頼している場合は、葬儀社が司会進行を行いま
 す。

 
① 参列者着席
 
② 導師入場
 
③ 読経
 
④ 導師焼香
 
⑤ 遺族・親族焼香
 
⑥ 一般参列者焼香
 
⑦ 導師退場
 
⑧ 閉式の辞(告別式の案内等があります。)
 
⑨ 通夜振る舞い
  
 導師の読経が行われます。読経の途中から遺族・親族がご焼香を行い、次に一般参列者
 がご焼香を行います。一般参列者はご焼香が終わったら「通夜振る
舞い」の席に移ります。
 この時、御礼品(会葬礼状)を渡します。

  通夜は、本来は、翌日の告別式まで故人に付き添い棺を守るものです。遺族、近親者は
 交代で祭壇の灯・線香を絶やさないようにします。ただし、式場によ
っては宿泊ができ
 ない式場もあります。宿泊できる場合でも人数に制限がある
ことが多いようです。
  宿泊して棺守りをする場合は、布団などの寝具の手配が必
要となります。
 ※馬込斎場では、控室を仮眠用として貸し出しを行っています。
 馬込斎場では備品による寝具の貸与に行っていませんが斎場内売店による寝具の貸出しを行
 っています。


                                                     戻る



 葬儀式・告別式(宗教、宗派により異なります。)

  通夜に引き続き行われるため、式場、受付、祭壇飾り、供花などそのままで、新たに
 設営 することはありません。(告別式のみを行う場合は設営が必要となり
ます。)
  葬儀式は一般的に以下の順で行われます。葬儀社を依頼している場合は、葬儀社が
 司
会、進行を行います。
 
① 参列者着席
 
② 導師入場
 
③ 開式の辞
 
④ 読経
 
⑤ 導師焼香
 
⑥ 弔辞弔電奉読
 
⑦ 遺族・親族焼香
 
⑧ 一般参列者焼香
 
⑨ 導師退場
 
⑩ 喪主あいさつ
 
⑪ 閉式の辞
 葬儀式が終わると告別式に移ります。
  
棺の蓋を開け、故人と最後のお別れをします。供花を一人づつ棺に入れ(別れ花)、
 ご遺体を飾り、故人愛用の品(副葬品)を納めます。

 副葬品については、眼鏡、ライター、釣り竿等、入れることができないものがあります
 ので、葬儀社または火葬場に確認してください。




                                             戻る


8 出棺・火葬


   蓋を閉じた棺を、近親者により霊きゅう車に運びます。
 (喪主や遺族は棺を運ばな
いのが本来です。)
  
※馬込斎場の式場をご利用の場合は、式場から棺を台車にのせ火葬施設への移動となります
  
※火葬待ちの際のお料理は、馬込斎場内売店でも承っています。

                                             戻る


9 火葬・収骨(骨上げ)


 
  火葬場到着後、受付窓口で申請手続きをします。(死体火葬許可証の提出)
  火葬から収骨終了までの所要時間はおよそ2時間程度です。
 火葬中は控室等で待機します。控室では飲食ができ、葬家、遺族は、火葬場まで来ていた
 だいた方を接待します。

  火葬が終わると係員より連絡があり、収骨室へ移動します。
 係員の案内に従い、足のほうから骨箸でお骨を拾い上げ、骨壺へ収めていきます。
 火葬執行済印が押印された死体火葬許可証を受け取ります。
  
火葬が終了すると、火葬場では死体火葬許可証に火葬日時、火葬場管理者名を記入し、
 押印して返します。(骨壺と一緒に骨箱に入れて渡すことが多いよう
です。)火葬が終了
 したことが証された火葬許可証は墓地・納骨堂にお骨を納め
る際に必要となりますので、
 大切に保管してください。

 ※馬込斎場では納骨容器一式(骨壺・桐箱等)を用意しています。詳しくは利用案内を
 ご覧ください。

 ※火葬待ちの際のお料理は、馬込斎場内売店でも承っています。


                                            戻る


 

10 馬込斎場内売店のご案内

    馬込斎場には、船橋市社会福祉協議会が運営する売店があり、葬祭用品の販売のほか、
 会葬御礼品、通夜や火葬待合中にお出しする料理・飲物、通夜仮眠の貸布団の注文を承っ
 ています。

〈店頭取扱品〉
 
・お飲物  酒類・コーヒー・ジュース・茶 ほか
 
・お菓子  おつまみ類
 
・軽食   カップ麺・サンドイッチ
 
・小物   線香・ライター・香典袋・清塩 ほか
〈お取り次ぎ品〉
 
・お寿司  オードブル 幕の内 サンドイッチ
 
・朝食
 
・貸布団
 
・貸衣裳
 
・引物(志)
 
・祭壇用  生花・果物・缶詰等
 
 営業時間 午前9時から午後9時(ご注文は午後8時にて締め切らさせていただきます。)
 
 告別式のお料理は前日にお願いします。
  引物・生花・貸布団のご注文はお早めにお願いします。

                                           戻る

 

 




Copyright c 2017 magome-saijo All Rights Reserved